2015/10/31

Starbucks Coffeeの注文アプリを試してみた

かなり便利だった

Screenshot from Starbucks Android App

2015年9月22日より、Starbucksが Starbucks Mobile Order & Pay (リンク先はStarbucksのニュースリリース)を開始しました。端的に言えば、アプリで注文してお店を指定、出来上がる頃に行けば待たなくて済む、というもの。

今年の夏にシアトルのStarbucks Reserve Roastery & Tasting roomを訪問し、当地限定のスターバックスカードを記念に購入して以来、サードウェーブ系コーヒーからスタバに戻っていた身としては朗報。

それにオンラインと実店舗の連携とか融合みたいなサービスにも興味があるので、ただの使用レポだけじゃなく、お店のオペレーションまで注目しつつ体験してみました。


1. 準備


スタバカードを登録した状態


何はともあれスマートフォンアプリのインストールをしなければ始まりません。
Google Play StoreからStarbucksで検索しダウンロード、そして手持ちのスターバックスカードを登録。
※ちなみに、このアプリがあればカードを持ち歩く必要はありません。アプリ上でバーコードを表示し店頭のバーコードリーダーに読ませれば決済できちゃったりします。便利。
 もちろん、クレジットカードを登録しておけばチャージ(英語ではreload)もアプリで一発。


この時点でだいぶ便利。でも、ここで終わっちゃぁツマラナイ。


2. 注文

アプリ左上の3-bar menuからOrderを選択し、注文カテゴリから商品を選んでいきます。
フードやビンのドリンクなども選択肢にあるのがすごい。また、注文履歴から「あの日と同じもの」という注文も可能です。


 隠しメニュー(?)のEspresso Frappuccinoがあるのが嬉しい


今回は私の2番目のお気に入り、Espresso Frappuccinoを選択。
このEspresso Frappuccino、普通のお店ではメニューに書いてないんですよね。時々スタッフさんも作り方を知らないようで、店長さんに聞いて作り始めることもしばしば。

そしてここ、ちょっとUIが分かりにくいですが、商品ページを下にスクロールするとカスタマイズオプションが大量に表示されます。

サイズはもちろんEspresso shotの追加、フレーバーやトッピング、ミルクの種類などなど。ほかの商品だったらもっといろいろあるのかも?



注文確認して店舗選択

支払い方法は登録済みスタバカードでワンタップ。楽ちん。これで受付に並ぶ必要がない。

そして秀逸なのは店舗選択。現在地から最も近いスタバを自動で判定してくれるのと、マップ上から選択も可能。どこかに出かける際にも便利便利。

3. 受け取り 

さて、注文が終わればあとはお店に向かうのみ。

…私はお店のオペレーションが見たかったので、店舗の中で注文確定ボタンを押しましたが…。



お店のスタッフさんが、POS横にあるプリンターから何やら白い紙片を取り出してカップに張り付けました。

それが、これ。



ふむ、なるほど。
普通に受付で注文すると、スタバのスタッフさんはカップにペンで書き込みますよね。
それをラベルシール化した、ということ。

かつPOS横のプリンターという、通常の時間なら必ずスタッフがいる場所に印刷する。これで注文の作り漏れを回避。

かつ、受付スタッフはそれをカップに貼るだけ。ドリンクを作るスタッフは、ほとんど店頭受付と同じオペレーションでドリンクを作ればいいだけ。


なるほどねー。


これなら全店展開も楽だわな。よく考えられている。


待つこと3~4分ほど、私のEspresso Frappuccinoが出来上がり、受け取りカウンターの内側に置かれました。

「それ、俺のじゃん?」

と声をかけると

「Jin?」

と名前を確認され、笑顔で頷いて完了。ふむ、なかなかに円滑ですな。


結論

注文タイミングを見計らえば、相当スムーズにお買い物が可能っぽい。


  • 電車内で注文作っておき、電車降りたら注文送信。オフィスまで歩く途中でゲット、とか
  • オフィスで注文しておき、店舗に着くころには出来上がり、とか
  • 家で注文して、店舗についたら出来上がり、とか

けっこうありがたいですな。便利便利。